2006年01月24日

ウル君の火葬に行ってきました。

日にちが空いたせいなんでしょうか。
涙はありませんでした。

でもね、なんだか変な天気でね。
寒くなったり、晴れたり。
変な感じでした。

うちの相方が、気ままなウルちゃんは風になったんだね、
って言うんですよ。

そーかも。そーだなぁ、ってしみじみと納得しちゃった。

骨箱に入ると、すごく小さくなるんですね。
春になったら、霊園に納めて貰います。

とりあえず、あんなに泣いたのが嘘のように
僕はしっかりと立ってました。

墓なんかいらん、と僕は思ってました。僕自身の墓はね。
そういう事を言ったら、相方が怒るわけです。
二重の意味で、ね。
今から「死」の話なんか聞きたくないというのもあったと思うし、
もしも、そうなった時に「墓」というすがる場所がかったら、どうすればいいのか、と。

なんとなく分かります。今は。
人は失ってなお、再会を求めます。
いつか、また会えるよね?
拠り所を求めるのです。

よく僕は小説で人や動物の生き死にを書きます。
しかし、僕は根本的な事を理解してなかたのかもしれません。

誰かが命を失うと言う事は
「息絶えた」とか「体が冷たくなって」
とか、そんな一文では収まらないものなんだ、と。
そういう意味でも、僕はヒヨッコでした。

ウル君と言う猫は最後の最後まで、僕に教えてくれました。
命の重さを、僕の肌に刻みつけてくれました。
あんなに元気だったのに、一緒に大晦日、
僕は年越しそばを、ウル君は年越し缶詰をして乾杯したのに
一ヶ月たたないうちに、お別れになってしまいました。

生きていた鼓動が感じられなくなる、という事を。
体が冷たくなって、固くなってしまうという事はどういう事なのか、と言う事を。
だからこそ、精一杯、僕は全力で守らないといけない命があるという事を。

たかだか猫と笑う人もいるでしょう。
笑うなら笑うで結構。

しかし僕らが一緒に歩いた五年間は、誰にも否定はさせません。
ありがとうね。
声をかけて、見守って 、励ましてくれた皆さん。

一歩一歩、僕はしっかりと歩いていきます。
この記事へのコメント
猫も人間も同じ命がある者なのです。
オカザキ様にとって愛しき者の命だったので
色々な事を考えさせてくれたり
感じたりするのだと思います。

天国から『あおー』とオカザキ様の事を
応援していると思います。
Posted by ぷぅ。 at 2006年01月24日 22:34
一緒に過ごして、心を通わせた相手を失うことは、情が深いほど寂しく、悲しい。
ウル君はきっとレオ君に「ありがとう」って言ってるよ。
ウル君の魂はいつでも一緒だから、レオ君が姫様と生まれてくる赤ちゃんと共に、幸せに生きることで、ウル君もきっと幸せなんだよ。
いつでもそばにいて、見守っているから・・。
Posted by Yoko at 2006年01月25日 10:24
ありがとうごさいます。お二人さん。
ということで、僕はとにかく前進するしかない。そう思ってます。
命の重さ。それをとても実感してます。
だからこそ、と言うかね。
お二人に心から感謝を。
Posted by オカザキレオ@E.A at 2006年01月25日 22:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック




ブログパーツ 子猫時計
最近のコメント
Cot Editorで小説を書こう by gucci bag (07/13)
昨日の朝の一品 by DS (05/14)
新しい事を初めてみたかったんだ by 木江 (05/04)
新しい事を初めてみたかったんだ by 菜摘菊 (05/04)
ぼーっとして過ごす事も大事だ by Yoko (04/24)
カテゴリ
My life as E.A(485)
携帯電話より愛をこめて(183)
なっちゃん、ゆー君と一緒に行こう!(114)
ノライヌ介ゴシ、月ニ吠エル(29)
男の育児日記(12)
Re:コメントに愛をこめて(9)
次回予告Next Update(7)
VIP TALK E.A(2)
E.A New's Flash+(50)
i love M@C(121)
Win or gadget.(43)
M@Cで小説を書こう(17)
iphoneで小説を書こう!(3)
i pod music to go!(10)
サンボマスター(12)
石田小吉(2)
オカザキ家の本棚(14)
Love Web Club(4)
詩的未満言葉以上(72)
Tow words face to face(7)
詩的未満言葉未満(12)
世界に言葉をぶちまけろ!(31)
あの時オレ達バカでした。(34)
食す。(17)
名言集(12)
銀幕ノスタルジー(10)
バトンとかその他とか(48)
電脳プレイングガーデン(2)
最近のトラックバック
アウトラインエディターのTAOがVer.1.8 by 私の通勤読書メモ(09/10)
気になるiphoneアプリ「i手帳」ですって! by もう、忘れよう…(11/25)
休みはあっという間に by 映検つながるブログ(09/15)
図書館の神様/瀬尾まいこ著 by 粋な提案(09/07)
優しい音楽/瀬尾まいこさん by 粋な提案(08/20)
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。